コンディションが重要

できるだけ高値で

楽器

押入れの奥に保管してあるギターは買取に出しましょう。ギターは年月が経過するとともに劣化しやすい楽器とも言えます。特にネックの反りはよく起こりやすいものです。ギターは中古でも良いから購入したいという方も少なくありません。押入れで眠っているもう弾かないギターは買取に出して、次のプレイヤーに託すという考え方もあるのではないでしょうか。人気のあるメーカーや限定モデルなどは買取価格も高値が期待できます。その時の需要によっても買取価格は変動する傾向にもあります。エレキギターに限らず、アコースティックギターなど様々な種類のギターが買取してもらうことができます。きちんと査定してくれる専門業者を見つけましょう。

査定前のお手入れ

できるだけ査定額をアップさせるためにできることはいくつかあります。それは、買取業者についての情報収集を行うということはもちろんですが、買取に出す前に最低限で構わないのでお手入れをすることです。埃まみれのギターは乾いた布で拭えばすぐにきれいになるでしょう。もちろん業者でもきれいにして中古で販売するものですが、埃まみれの状態で査定をするよりも売り主がある程度きれいにしてくれている方が印象は良くなるものです。汚れがついている場合もギターの素材自体が劣化しない程度に汚れを取り除くようにしましょう。接触不良など気になることがある場合は査定にも影響しますが、買い取ってもらえることも多いため相談してみると良いでしょう。